よくあるご質問

Q

A

相続放棄という手続を検討されてはいかがでしょうか、相続放棄の手続を行えば相続しなくてもすみます。

原則的に相続人は亡くなった方の権利義務の一切を引き継ぎます。
その場合、プラス財産(現金、預金、不動産等)もマイナス財産(借金等)も引き継ぎます。
そしてプラス財産よりもマイナス財産の方が多い場合等に利用します。
原則的にご自身が相続人であると知ったときから3ヶ月以内に家庭裁判所に申し出ることによってします。

Q

A

相続人を確定させて相続登記をしてからでないと所有権移転登記はできません。

お父様が亡くなられたことによりその土地は遺言等が無ければお父様の相続人の方に相続されています。
ですので、まずは相続人の確定が必要です。
確定後、相続登記を済ませてから、ようやく所有権移転登記ができます。

Q

A

法律上そのまま放置しておいても問題ありません。しかし、時間が経つにつれて権利関係が複雑になるため、なるべく早めの手続をお勧めいたします。

すぐに売却をお考えでない方などは相続登記を放っておかれるというケースもあるようですが、相続発生後に相続人の方がさらに亡くなられた場合などは権利関係がますます複雑になり、遺産分割協議が成立しにくくなったり、手続の費用も高くなる等の弊害も考えられます。お早めに相続登記をされることをお勧めいたします。

Q

A

ご自身で作ることは可能です。しかし、法律に沿った要件を満たしていないと無効となりますので十分注意しなければいけません。

遺言はその様式が厳格に法律に規定されており、その法律の規定の要件を満たしてなければ無効と扱われます。そのため司法書士等の専門家にご相談されることをお勧めいたします。

Q

A

はい、可能です。

まずお父様が遺言を残さずになくなられた場合、相続放棄や限定承認の手続をされなければ、原則としてすべてのお父様の遺産(借金などのマイナスの遺産も含む)は、あなたと弟さんとが2分の1ずつの割合で相続します。 しかし遺産分割協議をすることによって、各個別の財産をそれぞれに配分することは可能です。

Q

A

はい、可能です。

しかし、成年後見制度を利用しない限りは売却は難しいと思われます。

お気軽にお電話ください。
1時間まで初回無料相談を承ります。

ご相談はこちらから