サービス案内

家族信託とは?

もしかすると、「家族信託」という言葉を聞いたことがないという方もいらっしゃるかもしれませんが、現在、相続対策や認知症対策で非常に有効だと言われる財産管理方法が「家族信託」です。

信託と言えば、投資信託を思い浮かべる方が多いかもしれません。
しかし、家族信託は投資信託とは全く異なり、誰でも利用できるとても身近な仕組みです。
特に、高齢者の方の認知症対策に非常に有効と考えられています。

家族信託のメリット

1. 権利はそのままで、名義だけ変更できます。
認知症等による判断能力低下など、所有者に何かあると、不動産売却、活用、相続対策が出来ません。
権利は移動せずに、財産の名義のみを信頼できる家族に変更することでそれらを可能にできます。
2. 成年後見人制度を使わずに、親の財産管理ができます。
成年後見人制度は手続が煩雑な上に、本人のためにしか財産を使うことができないという制約があります。
親が元気なうちに信頼できる家族との間で信託契約を締結することで、ご家族だけで財産管理が可能です。
3. 贈与税、不動産取得税などの税金はかかりません。
家族信託は「権利はそのままで財産の名義だけが変更」される制度です。
信託した財産から発生する権利や利益は全て本人のものとする信託契約により名義をご家族に変更しても贈与税、不動産取得税などの税金はかかりません。

家族信託に関するお手続きは専門家におまかせください。
1時間まで初回無料相談を承ります。

ご相談はこちらから